神奈川県横浜市 病児保育なら 慈啓会 おおぐち病児保育室
サイトマップ
お子さんが病気だけれど仕事や冠婚葬祭がある、そんな時にご利用ください
2018年 2月26日  病児保育室見学会のお知らせ (開放日時決定)
下記の日時で病児保育室の室内を開放します。
予約は不要ですので、お気軽にお立ち寄り下さい。
  3月17日(土) 12:00〜16:00迄
  3月21日(水) 12:00〜16:00迄
●室内をご覧になりたい方は、お子さまもご一緒にお気軽にお立ち寄り下さい。
●説明会(約10分程度)は両日とも下記の時間に行います。
  13時〜 14時〜 15時〜
●当日は、おおぐち病児保育室利用登録の受付も行います。
  利用登録をご希望の方は、母子健康手帳の予防接種欄のコピー、
  健康保険証・乳児医療証のコピーをお持ち下さい。

2017年 9月27日  採用情報更新しました。

2017年 1月28日  平成29年3月より予約方法が変わります。

2016年 5月13日  小学4年〜6年生の利用希望の方へ

対象年齢が小学6年生までに拡大されました。
小学4年〜6年生でご利用の場合には、下記の通りご利用方法が変わります
(1)改めて利用登録が必要となります。
  (小学3年生までに登録されていた方も改めて登録をお願いします。
   詳細はお問い合わせください。)
(2)当日予約のみで、利用人数に空きがある場合に限ります。
(3)事前に「横浜市病児保育事業連絡書」(第4号様式)の記入がないと予約は出来ません。

子どもが熱を出した、感染症の病気にかかった、でも仕事は休めない!
冠婚葬祭の予定だけど病気の子どもを連れていけない!
そんなとき、病児保育室をご利用ください。
【病児保育とは】
病気のお子さまを、その養育者が仕事の都合や傷病・出産など 社会的にやむを得ない理由により
家庭で育児を行うことが困難な時期、一時的に保育する事業です。
医療機関併設型病児保育室で、初期の段階から病気のお子さまをお預かりします。
おおぐち病児保育室は、横浜市病児保育委託事業です。
ご利用には「事前登録(無料)」と、「利用予約」が必要です。 詳しくはコチラ
保育の様子
保育室内
受け入れ人数
5名
対象疾患
通常の外来で治療可能な病気 。
ただし、麻疹(はしか)、流行性角膜結膜炎(はやり目)等の、
感染性が非常に強い疾患は対象外です。
隔離室がありますので、インフルエンザなどの疾患にも対応していますが、
疾病によってはお預かりできない場合があります。
対象年齢
生後6ヶ月〜小学校6年生

小学4年〜6年の利用は当日予約にて受付けます。
但し、利用は定員に空きがある場合に限ります。
利用時間

月曜日〜金曜日(祝日除く) 8:15〜18:00
(17:30ぐらいまでにはお迎えを御願いします)

休業日
土曜日、日曜日、祝日、年末年始、臨時休診日
利用料
1日 2,000円
※横浜市在住の生活保護世帯及び市民税非課税世帯は全額免除
食事

病状に応じたお弁当をご持参ください。

ご希望の方は給食(1食500円)を利用可能ですが、全てのアレルギーに対応はできませんので、希望に添えない場合があります。
お問い合わせ先

○おおぐち病児保育室 045-402-3054  (受付時間 8:30〜17:00)
○大口東総合病院内 病児保育室担当 045-401-2411

事前ご連絡いただければ見学可能です。

「どんなところなのか見てみたい」というご要望にお応えしています。
詳しくは「見学ご希望の方へ」ページをご覧ください。

施設概要
名称 特定医療法人財団 慈啓会 おおぐち病児保育室
事業内容 病児保育室 【横浜市病児保育委託事業】
関連リンク 横浜市病児保育事業
全国病児保育協議会
管理者   理事長 新納憲司
住所 〒221-0002 横浜市神奈川区大口通128-9
交通アクセス JR横浜線「大口駅」 西口 徒歩3分
京浜急行線「子安駅」 徒歩10分
TEL TEL.045-402-3054
ホームページ http://www.jikei-o.or.jp/hoiku/  (当ページです)
利用時間
月曜日〜金曜日(祝日除く)
8:15〜18:00
予約・問い合わせ時間
8:30〜17:00
対象年齢
生後6ヶ月〜小学校6年生
※小学4年以上は利用条件有り
交通アクセス
JR横浜線「大口駅」
西口徒歩3分
おしらせ
2013.07.17 ホームページリニューアル
リンク
横浜市病児保育事業
全国病児保育協議会
 
ページ最上部へ
特定医療法人財団 慈啓会 おおぐち病児保育室  〒221-0002 横浜市神奈川区大口通128-9 TEL.045-402-3054
Copyright(c)  JIKEIKAI All rights reserved.